トータルライフ総合事務局

「TL(トータルライフ)人間学」とは

「TL人間学」(魂の学)とは、人間と世界を貫いている普遍的な法則の体系です。
人間は魂であるという原点に立ち、一人ひとりの魂が抱く願いと仕事と人生を一つに結び、それによって次なる時代を生み出すための新たな問題解決と創造への道です。

TL人間学提唱者

高橋佳子(たかはし けいこ)近影

高橋佳子(たかはし けいこ)

1956年生まれ。現代社会が抱える様々な課題の根本に、人間が永遠の生命としての「魂の原点」を見失った存在の空洞化があると説き、その原点回復を導く人間観・世界観を「TL人間学」(魂の学)として集成。
現在、GLAを主宰し、あらゆる世代・職業の人々の人生に寄り添うかたわら、日本と世界の未来を見すえて、経営・医療・法務・芸術など様々な分野の専門家への指導にもあたる。

1992年から、一般に向けて各地で開催する講演会には、これまでに延べ100万人が参加。年間の講義・講演や個人指導は300以上に及ぶ。
主な著書に、『未来は変えられる!』『魂主義という生き方』『1億総自己ベストの時代』『新・祈りのみち』『あなたが生まれてきた理由』ほか多数。

TL総合事務局代表

久水 宏之(ひさみず ひろゆき)

1931年生まれ。東京大学法学部卒。
1953年、日本興業銀行入行、調査部長、常務取締役業務部長を経て、1983年退任。
この間、大蔵省の諮問機関・金融問題研究会委員等を歴任。
現在、TL総合事務局の代表を務めるかたわら、経済評論家として、執筆、講演、経営相談などを行っている。

TL人間学を学ぶ場

トータルライフ(TL)総合事務局が開催する、様々な分野の方々を対象にしたセミナーなどがあります。
代表的なものは、年1回開催する「TL人間学セミナー」と、年3回開催する「シリーズセミナー」です。

TL人間学を実践する専門分野

「TL人間学」(魂の学)に基づく新しい経営の在り方を学び、実践しています。ここでは、利益追求だけを目的とせず、仕事を通して心の深化・成長が何よりも大切にされます。
多くの経営者が、試練は自己変革の「呼びかけ」と受けとめ、社員や取引先と響働して社会の痛みや必要に応えようと、種々の技能を深め使命感を分ち合う新しい会社づくりに挑戦しています。その結果、今、目覚ましい成果が生まれています。

病気を生き方と人生を見つめる「呼びかけ」であると受けとめ、患者さんに心・身体・人生をトータルに捉え直す機会を提供できる医療者の輩出を願っています。具体的には、「TL人間学」(魂の学)に基づく新しい医療観・病気観・診断観・治療観による研究と実践に取り込んでいます。

「TL人間学」(魂の学)に基づく教育実践に取りんでいます。子どもをかけがえのない存在と受けとめ、教育者自身の自己変革によって子どもたち一人ひとりが希望を取り戻して元気になると同時に、いじめや学級崩壊などの問題を根本的に解決してゆく新しい挑戦が始まっています。