10月31日(日)、「2021高橋佳子講演会」が名古屋を皮切りに始まりました! 初回は、GLA中京会館から各地に発信

2021年11月16日
お知らせ
経営
医療
教育

テーマ「ゴールデンパス アフターコロナの世界を開く」

10月31日(日)、「2021高橋佳子講演会」が名古屋を皮切りに始まり、GLA中京会館からの発信で、各地で開催されました。1992年から毎年開催されている本講演会は、これまでに延べ150万人を超える方々が参加されています。
発信拠点となった中京会館では、エントランスから会場のKAGAMI HALLへと続く大階段を上がると、約25メートルの吹き抜けの壁に、高橋先生の著書『ゴールデンパス』のカバーのモチーフ、黄金に光り輝くゴールデンパスが参加者を迎えます。
ロビーでは、自分の心の傾向がわかる「自己診断」や、「魂の学」の学びの場の紹介など、様々なコーナーが設置され、プログラム開始前から、そこここで熱心に相談員の話に耳を傾ける参加者の姿がありました。
今年の講演会のテーマは、「ゴールデンパス アフターコロナの世界を開く」――。
プログラムは2部制になっており、前半プログラムでは、先生の活動を紹介するトークセッションが行われました。ゴールデンパスとはどのような道なのか、また、アフターコロナの時代、どのような生き方が求められているのか――。それを知る手がかりとして、新型コロナの感染拡大という事態に最善の道を開かれた先生の歩み、また、国際医療の現場で困難と闘う医師の実践が紹介されました。「魂の学」は決して観念論ではなく、現実の問題を解決し、事態を切り開く力がある――。そのことが、参加者の胸に確かに伝わってゆきました。

高橋先生の講演、終了後は会場で参加者との出会いも

後半プログラムは、先生の講演です。
先生は、私たちは今、「唯物的な人間観・世界観」によって生きるのか、あるいは「永遠の生命の人間観・世界観」によって生きるのか、誰もがその選択を迫られていることを示されました。そして、後者によって生きることは、揺るがぬ希望と困難な試練や問題を乗り越える力を私たちに与えてくれることを、ある男性の神理実践報告を通して明らかにしてゆかれたのです。
講演を終えられた先生は、客席に降りられ、参加者の方々に親しくお声をかけてゆかれました。その一瞬の出会い、かけられた一言は、その場にいたお1人お1人にとって強く心に刻まれるものとなりました。

この後、「2021高橋佳子講演会」は、11月21日(日)、収録映像による「映像の集い」(13:00〜16:00、19:00〜22:00)が開催されます。お問い合わせ・お申し込みは、高橋佳子講演会実行委員会(電話03-5828-1586)までご連絡ください。
*13:00〜16:00の開催会場の詳細は→コチラ
*19:00〜22:00の開催会場の詳細は→コチラ
*一部の会場は、オンサイトで申し込むこともできます。→コチラ

参加者の声

先生がお1人お1人を大切にされていることを感じた

今日は、すごい功績をあげている方々のお話を伺うことができて、とても学ぶことがたくさんありました。先生は、オーラがすごかったです! 舞台から降りられて、皆さんとお話しされているのを見て、お1人お1人をものすごく大切にされていることを感じました。今まで母から話は聞いていたんですけど、今日、この場に参加してみて、皆さんがとてもいきいきしているのを見て、「私もそのようになりたい!」と思いました。

(20代女性・初参加)

お話を聴いて「こういうことを学びたい!」と思った

『ゴールデンパス』を読んで「ウイズダム」に興味を持ち、仕事に役立てたいと思っていたんです。「運ぶ力」ということをもっと知りたいと思い、今回参加しました。「目的地をめざしてヴィジョンを明確にする」とお聴きし、これを職場で実践したいと思いました。自分の課題が何かということはわかっているんですが、ではそれを具体的にどうしたらいいかがわからないことが多いので、お話を聴いて「こういうことを学びたい!」と思いました。

(30代女性)

すべての原因は自分にあることがわかった

今までこのようなお話は聞いたことがないので、とても新鮮な気持ちです。自分にとってものすごくプラスになりました。先生は、わかりやすい言葉でお話しくださり、初めての私も、1つ1つの言葉の重みを感じました。私は会社を経営していて、悩みが多く、いつも「どうしてこうなるんだ?」「どうしたらいいんだ?」と思っていましたが、「すべての原因は自分にあり、自分がそれを起こしていたんだ」ということがとてもよくわかり、まずは自分が変わらなければならないと強く思いました。

(40代男性・初参加)

先生の圧倒的な存在感を感じた

先生の講演をお聴きして、本当に心の持ちようで結果が変わるんだと思いました。私の会社もコロナで大打撃を受けたんです。今日のお話はとても興味深いものがありました。ご講演を終えられた先生が、通路を通られる際に、「今年が大事な年ですね」とおっしゃってくださったんです! 実は私、今年、新たな店舗を出す予定で、勝負を賭けた出店なので、そのことをズバリ言われて、「何でわかるんだろう!?」と本当に驚きました。先生と初めて対面して、圧倒的な存在感を言葉で表現するのは難しいですが、とにかく、ビビッときました。

(50代男性・初参加)

1人ひとりの人生が本当に変わってゆくところが素晴らしい

先生のお話は、人生が変わるような内容ばかりで、先生に導かれたお医者さんが心打たれて、普通はできないようなことをやってゆかれる実践は、本当に素晴らしかったです。この会は、1人ひとりの人生が本当に変わってゆくところが素晴らしいです。今日のお話をお聴きして、自らの選択で人生と世界がまったく違ってしまうことがよくわかりました。

(70代男性)

自分も与えられた魂の仕事をするために生きているんだと実感した

これまで、あまり魂ということは考えたことがありませんでしたが、先生のお話を聴いて、「自分も与えられた魂の仕事をするために生きているんだ」と強く実感しました。私は、児童福祉施設の園長をしています。これまで、子どもたち1人ひとりの人生に関わる歓びをもって仕事をしてきましたが、今日の先生の講演を聴いて、魂として与えられたいのちを真剣に生きるというお話に、ものすごく感動しました。私も、子どもたちをこういうふうに支えてゆきたいと思いました。

(70代男性)