トータルライフ総合事務局

医療分野別研修レポート

2018.8.24
「The GATE シリーズセミナー第3回」2日目は、まず、分野別(経営・医療・教育)の研修が行われました。
ここでは、医療の研修についてご紹介します。

会場全景

午前9時――。プログラム開始前から、初日に取り組んだ「カオス10則シート」で得られた様々な発見や気づきをさらに深めたいという期待が会場にあふれていました。

そして、1人ひとりが解決したい事態にさらに向き合う中で、思い込みや先入観の奥にある可能性が見えてきて、「現場をもっと癒しの場にしてゆきたい」「患者さんを『魂』と受けとめ、超高齢時代に道を開きたい」といった願いが湧き上がってゆきました。

「カオス10則シート」の取り組みの1つのモデルとして、事例を発表した医師の方は、クリニック院長として順調な業績を上げながらも、「何か違う」という心の声に耳を傾け、今後10年をかけて、本当に果たしたかったヴィジョンを発見してゆかれました。

フロアからも、看護師、治療師、医師の3名が発表されましたが、どの方の実践も「カオス10則シート」の取り組みによって、自らの心の弱点を看破したところから、新しい現実が開かれる歩みでした。

まさに、THE GATE シリーズセミナーの“GATE”(門」をくぐり抜けると、自分の使命への道が開かれてゆく――そんな希望を感じさせる発表でした。

こうした実践をさらに確かなものにしてゆくために、秋に開催される「2018 TL人間学セミナー」「第27回TL医療学術集会」への志の分かち合いと拍手のエールが交わされ、次なる研修に向かっていったのです。


会場風景1 会場風景2