トータルライフ総合事務局

7月15日(日)~16日(月・祝)、「THE GATE Series Seminar」第3回が東京プリンスホテルで開催されました!

2018.7.26
昨年12月に始まった専門分野の新たなシリーズセミナー最終回

会場全景

「魂の学」によって開かれる新しい専門分野のフロント

7月15日(日)~16日(月・祝)、突き抜けるような真夏の青空のもと、「THE GATE Series Seminar」第3回が、東京プリンスホテルで開催されました(トータルライフ総合事務局主催)。

「THE GATE Series Seminar」は、経営・医療・教育等の専門分野の方々が、「魂の学」(=TL人間学)にもとづいて、業界の様々な問題や課題を解決し、新たな道を切り開くことをめざすセミナーです。

今回は、昨年12月に新たに開講されたシリーズセミナーの最終回。テーマは「あなたがそこで生きる理由──人生の使命を発見しカオスの時代を突破する」です。

「魂の学」で言う「カオス」とは、光と闇、可能性と制約が渾然一体となったもの――私たちに訪れる出来事や事態をさします。今期のシリーズでは、そのカオスから光や可能性を引き出すために、高橋佳子先生がつくられた教材「カオス10則シート」に受講者1人ひとりが取り組んできました。

シリーズ最終の今回も、そのシートにさらに深く取り組むプログラムを軸に進められました。初日から2日目午前中の分野別研修まで、高橋先生のご指導映像や事例の分かち合いを受けながら、それぞれが直面している事態に丁寧に取り組んでゆきます。その中で、普段ならば退けたいと感じる試練や問題にも、実は必然があり、使命への道につながっていた――そんな実感へと誘われてゆきました。

続いて全体で行われたシンポジウムでは、各分野における実践が発表されました。流動化する世界で、新しい思想や生き方が求められている中、「魂の学」による実践が、職場や地域へと広がり、それぞれの業界における諸問題を解決していることに、会場から大きな拍手が起こりました。

人生の使命を果たすために――最高峰カオスに立ち向かう準備を整える

2日目の午後、登壇された高橋先生は、人生とカオスの関係について講義されました。

10年に1度訪れ、私たちの人生に大きな影響を与えるグレートカオス。そのグレートカオスにどのように触れるかによって、その後の人生がまったく変わってしまうことを、先生は1人の経営者の男性を舞台に招き、その実践の歩みとともに紐解いてゆかれました。本人も気づいていなかった、心と現実の精緻な関係。そして、1つ1つの出来事(カオス)を乗り越えた土台の上に、今の現実があること。その歩み自体が、実は人生の使命を果たすための最高峰カオスに向かう準備であることを明かされたのです。

グレートカオスが人生全体を変え、導いてゆく神秘と感動――。「魂の学」には、本当に内(心)と外(現実)を同時に変革する力があるのだという確信が1人ひとりの心に訪れ、さらなる実践への志が会場全体に立ち上がっていました。

会場風景1

今後の予定――9月29日(土)~30日(日)に「2018TL人間学セミナー」

9月29日(土)~30日(日)には、経営・医療・教育などの専門分野の方々を対象に、「2018TL人間学セミナー」が東京プリンスホテルにて開催されます。

詳しくは、トータルライフ総合事務局(フリーダイヤル 0120-945-313)までお問い合わせください。

参加者の声

●「心」「魂」のことが語られると同時に、現実を変え、悟りを得られる

先生の講義は、冒頭から衝撃でした。この数年間、すごく苦しかったんですが、「今、その答えが見つかった!」と感じています。私は、他の宗教や成功哲学も勉強してきました。でも、このTL人間学は本当にすごいです。ここでは、成功哲学では語られない「心」「魂」のことが語られている。同時に、精神や心だけでなく、シートに取り組み、それで現実を変え、悟りを得られる。すごくわかりやすいです。これからは、スタッフや家族の話を聞き、共に問題を背負い、解決してゆく社長になりたいと思います。
(40代男性・経営)

●多くの困惑を解決する力を育み、実践できる仕組みが整っている

「『カオス10則』を本当に実践できるようになったら、どんなに素晴らしいだろう!」と改めて強く憧れました。3回のシリーズセミナーを通して、ここには多くの困惑を解決する力を育み、実践できる仕組みが整っていると確信し、うれしくなりました。境地が上がることで、人に対する捉え方が変わり、会社や地域社会にも貢献でき、解決できなかった問題も解決できると感じ、私もぜひ実践してゆきたいと思います。法務に携わる者として、人々の困惑を一緒に背負い、解決の道をつけられるようになりたいと、強く心に刻むことができたセミナーでした。
(60代男性・法務)

●使命を生きるための最短の道であり、最大の力

「カオス10則シート」は、使命を生きるための最短の道であり、最大の力なんだと実感して、「何てすごいことを教えてもらっているんだろう!」と思いました。単に、出来事を光転に運んだり、願いを発見したりするだけではなくて、宿命から使命への道に導いてくれるものだと感じました。今回のセミナーを通して、もっとバージョンアップし、アップデートして、「新しい人類の土台を、私たちがつくってゆくんだ!」という覚悟が生まれました。「これでよし」と今に満足することなく、「ここからがスタートなんだ!」という気持ちで、新たなチャレンジに向かってゆきたいと思います。
(30代女性・教育)

●カオスを乗り越え、使命を果たしてゆけることがわかった

「カオス10則シート」が道標となって、カオスを乗り越え、最終的には使命を果たしてゆけるということがわかり、先生には感謝の気持ちでいっぱいです。「昨日の自分と今日の自分は違う!」。そうなれるよう実践してゆきたいです。その力を頂いたセミナーでした。常に「自分の使命は何なのか」「自分の願いは何なのか」と問いながら、努力してゆきたいと思います。
(50代女性・医療)

●次のシリーズセミナーに向けて、ドキドキする気持ちでいっぱい

実践報告では、日々のカオスに向かい、グレートカオスを迎え撃ちながら、最高峰カオスに向かってゆくということがすごく心に響きました。私は会社経営をしていますが、なかなか持ち上げられない現実に直面している中、勇気を頂きました。今期、継続して「カオス10則シート」に向かう中で、役員の娘たちとの関わりを転換し、響働できるようになりました。次の「THE GATEシリーズセミナー」に向けて、ドキドキする気持ちでいっぱいです。
(60代女性・経営)